琳エンタープライゼズ(株)
サカモトキッチンスタジオ
〒658-0014
兵庫県神戸市東灘区北青木2-8-21
TEL.078-452-0738
FAX.078-411-5418
----------------------------------
・講師派遣
・キッズ☆キッチン
・写真・VTR・撮影
・リファレンスサービス 等
----------------------------------
qrcode.png
http://skskobe.com/
モバイルサイトにアクセス!
242067
 

スタッフ紹介

 

坂本 廣子(さかもと ひろこ)

坂本 廣子(さかもと ひろこ)
 

◆経歴

 神戸生まれの神戸育ち。同志社大学英文学部卒。幼児期からの食育を40年以上前から提唱し、日本の食育実践の先駆け、NHK教育テレビの「ひとりでできるもん」の産みの親でもある。「台所は社会の縮図」として、食育、介護、防災、食の村おこしなど、広く問題解決に取り組む社会派料理研究家。教育においては、ハンズオン(体感)教育を食育の分野から行う。チルドレンミュージアム研究として教材開発し、子供の体感料理教室「キッズ・キッチン」は、本物の学力向上の切り札として注目を集めている。阪神淡路大震災に被災し、その経験をもとに台所からの頑張らない防災を紹介する。食コンサルタントとして、製造、流通、レシピ開発まで広い視野での指導も行う。サカモトキッチンスタジオ主宰。

 

◆主な役職

学術博士、農林水産技術会議委員、相愛大学客員教授、神戸女子大学短期大学非常勤講師、高島市食育推進協議会副委員長、近畿米粉食品普及推進協議会会長、キッズキッチン協会会長、食と農の応援団員、子供のための博物館「キッズ・プラザ・オーサカ」講師、きんき・ふるさと応援団(地域活性化アドバイザー)、小浜市御食国大使、よみうり子育て応援団団員、アユタヤ・カービング協会理事、日中友好協会神戸支部参与、保育学会会員、日本書芸院会員、道具学会会員、伝統食品研究会理事、テンペ研究会理事、まなぼうさいラボ副所長、キッズキッチンジャパン代表

 

坂本 佳奈(さかもと かな)

坂本 佳奈(さかもと かな)
 

神戸生まれの神戸育ち。食育・食文化 料理研究家。
食育・料理研究家、坂本廣子の長女として生まれ、家庭においての台所育児で育つ。2歳から包丁を持ち、年長時には週に一回家族の夕食を作っていた。「全児童」の日として子供だけで食事を作る。食に関しては基本的なスキルを成人するまで指導を受けて育つ。
阪神淡路大震災において書籍の下敷きになり仮死状態なるが、父母の心肺蘇生により九死に一生を得た。その後、兵庫県立姫路工業大学(現・兵庫県立大学)工学部卒業(工学士)、大阪市立大学生活科学部大学院食・健康コース前期博士課程修了、学術修士。
ハンズオン教育としての体感食育教育法のキッズキッチンの研究のため、世界の子供博物館を巡る。ユーラシアの家庭料理を中心とした食文化研究を行う。訪問国はアジア10か国以上、ヨーロッパ10か国以上に及ぶ。特に中国ウイグル自治区のウイグル族の食文化研究のため、復旦大学で中国語と新疆大学でウイグル語を習得、ウルムチ、トルファンを中心に調査を行った(2006年-2009年)
外国人に日本の食を紹介する旅、スローフード協会食研修ツアーのコーディネートなども行う。英語、中国語、イタリア語等の文献にあたり、調査・研究を行っている。

学芸員として、資料作成、チルドレンズ・ミュージアムにおけるハンズ・オン・キット作成を担当、食まわりのイラストレーションも手がける。家庭料理における発酵食品を研究中。(納豆、臭豆腐、なれずしなど)

 

スタッフ

スタッフ
  岡野 房子(おかの ふさこ) サカモトキッチンスタジオ チーフアドバイザー
キッズキッチン協会 理事
キッズキッチンインストラクター チーフアドバイザー
  池田 弥生(いけだ やよい) サカモトキッチンスタジオ キッズキッチン担当
立命館大学経営学部卒業。社会人として勤務したのち、神戸女子大学健康スポーツ栄養学科卒業。キッズキッチン協会認定インストラクター、栄養士。
  小清水 正美(こしみず まさみ) 食品専門顧問
 

事務スタッフ

事務スタッフ
  網谷 千明(あみたに ちあき) 講演会のご依頼受付、日程調整などの事務業務を担当。
   

杉本 武(すぎもと ぶぶ) 

大阪生まれの神戸育ち。白黒のはっきりした、いやし系。ホームページ制作担当。
<<サカモトキッチンスタジオ>> 〒658-0014 兵庫県神戸市東灘区北青木2-8-21 TEL:078-452-0738 FAX:078-411-5418